←戻る counter

第44回 表現学会 全国大会 日程 (聴講自由)

於:龍谷大学 大宮学舎・清和館三階大ホール
(〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1 Tel.075-343-3311)

第1日 平成19年6月2日(土) (清和館三階大ホール)

役員会10:00〜12:00(西黌大会議室)
受付12:00〜13:00
開会の辞13:00〜13:15 代表理事・龍谷大学 糸井通浩
会場校挨拶 龍谷大学文学部長 赤松徹真
 
公開講演13:20〜14:20「認知レトリックと言葉の<創造性/想像性>」
京都大学 山梨正明
 
シンポジウム14:35〜17:10物語・小説の話法司会大阪教育大学 神尾暢子
講師二松学舎大学 岡田博子
大阪外国語大学 平田由美
同志社大学 長谷部陽一郎
総会17:20〜17:50
懇親会18:00〜20:00会場:清和館一階生協食堂

第2日 平成18年6月3日(日)清和館三階大ホール

研究発表(午前の部) 09:30〜12:20

『土佐日記』における表現意識の一考察
  −登場人物の呼び方を通して−
長崎西高等学校 椎葉富美
漢語訓読と和歌表現
  −「ミドリ」と「アヲシ」−
明治大学兼任講師 長沼英二
謡曲曲末「けり」の表現性
  
東九州短期大学 福川雅美
ハビアン『平家物語』〈重衡東下り・千手〉の段と能「千手重衡」
  −復元をプロセスとする"語り"の表現論−
東海大学 小林千草

研究発表(午後の部) 13:30〜16:20

P沼夏葉の文体
  
東洋大学非常勤講師 田貝和子
冒頭文と結尾文の文章を統括する機能
  −頭括型と尾括型の要約文の分析を通して−
筑波大学 木戸光子
「言うには文」をめぐって
  
甲子園大学 西川真理子
聖書翻訳から見た日本語
  ―韓国語との対照的観点から―
韓国・韓南大学 安増煥

閉会の辞

秋本守英

△ ページTop ←戻る
mailto: nonami@cc.osaka-kyoiku.ac.jp