←戻る counter

第55回 表現学会 全国大会日程(聴講自由)

2018.06.02-2018.06.03

於:同志社大学 今出川キャンパス
(〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入)

第1日 平成30年6月2日(土)   会場:良心館303教室

役員会(10:00〜12:00 寧静館5階会議室)

受付(13:00〜)

開会(13:30)

開会の辞代表理事 愛知学院大学多門靖容
会場校挨拶同志社大学文学部長・文学研究科長石塚則子

公開講演(13:40〜14:45)

講師紹介同志社大学藤井俊博
中世歌謡の表現―『梁塵秘抄』の世界―同志社大学教授植木朝子

シンポジウム(15:00〜17:30)

「語り論」の新展開上越教育大学(名)野村眞木夫
文末の述語形から「語り」を考える
  ―古典作品と近代作品の比較を通して―
甲南女子大学西田隆政
草子地を再考する
  ―〈注釈〉という機能の広がり―
愛知県立大学福沢将樹
主観をどう扱うか大妻女子大学(名)栗原裕

総 会(17:30〜17:50)

懇親会(18:00〜20:00)

   会場:同志社大学 寒梅館7階 フレンチレストラン ウィル
   会費:6,000円(当日、受付で徴収します)

第2日 平成30年6月3日(日)   会場:良心館303教室

研究発表・午前の部(9:30 〜 11:40)

司会:上越教育大学(名)野村眞木夫
広島大学柳澤浩哉
接続詞「で」のフィラー的用法大阪大学(院)百瀬みのり
ネットニュースの見出しの機能と本文の文章構造の関係
  ― NHK「NEWS WEB EASY」・「NEWS WEB」を用いて ―
大阪観光大学湯浅千映子
<休憩> 10分
司会:日本体育大学(非)稲益佐知子
武庫川女子大学木下りか
事象構造メタファーからみた人間の活動の「波」と「流れ」 横浜国立大学(非)松浦光

研究発表・午後の部(13:20 〜 15:30)

司会:共立女子大学岡田ひろみ
長野高専小池博明
『栄花物語』の語り
  −書くことと語ること、そして、聞くこと−
東住吉高等学校山下太郎
勢語九段と冥府の旅路明治大学(非)長沼英二
<休憩> 10分
司会:明治大学田島優
成蹊大学森雄一
食レポ作文における食物テクスチャの分析富山大学宮城信

閉会

△ ページTop ←戻る
mailto: nonami@cc.osaka-kyoiku.ac.jp