表現学会トップページへ 戻る

会則

第一条  本会は表現学会と称する。
第二条  本会は言語表現に関する研究を推進し、研究者相互の連絡をはかることを目的とする。
第三条  本会はつぎの諸事業を行う。
 一 研究会、講演会の開催。
 二 会誌『表現研究』の発行。
 三 その他必要な事業。
第四条   本会の趣旨に賛同し入会を希望する者を会員とする。
(但し会員一名以上の推薦を要する。)
会員は通常会員・維持会員・学生会員の三種とし、通常会員は年額 6,000円、維持会員は年額 10,000円、学生会員は年額 3,000円を納入するものとする。
会員は会誌の配布をうけ、研究会、講演会、その他の事業に参加することができる。
第五条   本会に左の役員を置く。
 一 代表理事  一名
 二 顧問    若干名
 三 理事    若干名
 四 事務局長  一名
 五 会計監査  二名
代表理事は会を代表し、会務を掌握する。
理事、事務局長は理事会を構成し、本会の運営にあたる。
事務局長は経理を含む事務を行う。
会計監査は会計の監査にあたる。
理事および会計監査は総会で選出する。
代表理事は理事の互選による。顧問、事務局長は代表理事が委嘱する。
役員の任期は二年とする。但し重任を妨げない。
第六条  総会は年一回、代表理事が招集する。
第七条  本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入をもってこれにあてる。
会計年度は毎年4月I日より翌年3月3I日に終る。
第八条  本会会則の変更は、理事会の決定によって、総会の議決を経なければならない。
 付則  本会則は、昭和38年12月1日より施行する。
 付則  昭和62年5月22日総会の議決によって一部修正。
 付則  平成7年6月3日総会の議決によって一部修正、平成8年8月8日より施行。
 付則  平成14年6月2日総会の議決によって一部修正、同日より施行。
 付則  平成15年6月8日総会の議決によって一部修正、同日より施行。
 付則  平成19年6月3日総会の議決によって一部修正、平成20年4月1日より施行。
表現学会トップページへ 戻る